【FF14】カットシーンをスキップしてフリートライアルをプレイしてみた【5.3】

【FF14】カットシーンをスキップしてフリートライアルをプレイしてみた【5.3】

2020年8月12日に公開されたパッチ5.3において、新生エリアのメインクエストが大改修されたのと同時に、フリートライアルの制限が大幅に緩和されました。

蒼天エリアにも進入可能になったのを機に、ダッシュ(カットシーン全飛ばし)でLv60まで育成してみたので紹介していきたいと思います。

カットシーン全スキップ

ジョブはシャキ待ちを回避したかったため、「剣術士(ナイト)」を選択。

タイムアタックをするほど詰めた訳ではありませんが、ルーレット、コンテンツ開放などはほぼしていません。

砂の家への転送

まずクエスト報酬で12枚もらえますが、その後のクエストでも貰えるため、イシュガルド到達時には10枚ほど余りました。ケチらずバンバン使ったほうがイイですね。

ちなみに転送先は街の入り口なので、砂の家までは微妙に距離があります。
アイテム名が「砂の家」ではなくしっかり「ベスパーベイ」なんですよね…。

魔導城プラエトリウム踏破

優遇ワールドでのプレイで、メインクエスト以外はクラスクエスト、ジョブクエストのみでプラエ踏破時はLv55でした。

12時間11分のうちの1時間10分が、プラエと外郭(45分+25分)という強制カットシーンの凶悪ぶり…。

外郭攻略 カストルム・メリディアヌムでの豆知識

3ボス(魔導クロー4体と線でつながるコロッサス)のHPが80%あたりでスタンを入れると硬化しなくなり、討伐時間を大幅に短縮できます!

「究極幻想アルテマウェポン」コンプリートでフライングマウントが開放。

イシュガルド到達

プラエ踏破からイシュガルド到達までに約7時間かかっていますが、フライングマウントがあるためストレスはかなり軽減されているはずです。

旧仕様を経験した上での感想なので、飛べるのが当たり前な新規の方だと感じ方は違うかもしれませんね。

(ほぼ)Lv60到達

テイルフェザーに到着したあたりまでのメインクエスト+Lv58までのジョブクエスト+クルザス西部高地のフライングマウント開放で到達。



経験値があふれるのはもったいないのでココで止めました。

所持金

フリートライアルでは所持金の上限が30万ギルです。普通にプレイしていれば新生エリアでカンストしてしまうので、アラグ貨幣は換金せずにそのまま所持し、あふれそうな分はダークマターG7をショップから購入していました。
約52万ギル程度になっているはずです。

カンスト以降

ココからはいくつか選択肢があります。

・経験値が無駄になる事は気にせず、蒼天エリアでメインクエストのコンプリートを目指す。(まだまだ先は長いです)

・経験値が勿体ないので、テイルフェザーのメインクエストを受注できるLv52まで別ジョブを育成し、その後にメインクエストを進める。

使用不可ジョブ:赤魔導士、侍、踊り子、ガンブレイカー

・クラフターを育成する。マーケットボードが利用できないため、Lv20あたりからショップの素材だけでは製作できなくなります。(ハウジングエリアのショップには、多少レベルの高い素材も売っています)そのため自己調達用にギャザラーの育成、素材狩りも必要になります。

・ゴールドソーサーでマージャンを楽しむ。などなど

・コンプリートパックを購入して続ける。(レベルキャップがLv80まで引き上げられ、赤魔導士、侍、踊り子、ガンブレイカーが使用可能になります。)


近いうちに、フリートライアルでのギャザクラ育成も紹介していきたいと思っています。

今回は以上です。ではまた!


関連記事

【FF14】メインストーリーの導線にないクエストを開放する方法・Lv1~Lv49
【FF14】メインストーリーの導線にないクエストを開放する方法・新生Lv50
【FF14】メインストーリーの導線にないクエストを開放する方法・蒼天Lv50~Lv60
 ※フリートライアルでは利用できないコンテンツも含まれています。

【2020年】フリートライアルからはじめてのFF14

FF14 旧仕様カテゴリの最新記事